患者は医師のスキルだけでなく人間的に信頼できるかも見ている

医療の世界では、新しい検査方法や治療方法が年々増え続けています。医療の専門知識が少ない患者に対して、適切な検査と治療を選択し、丁寧に説明できることが良い医師とそうでない医師の分かれ目となります。

医療情報の公開も大切

インフォームド・コンセントが一般的に実践されるようになりましたが、良い医師は単なる説明ではなく、病気を分かりやすく説明するために、南下に名専門用語を避け、イラストや靭帯の模型等などを患者の理解を助けます。また、複数の治療法方法を提示できます。

医師は自身の経験が豊富な治療方法を第一選択肢として提示する傾向にありますが、他の病院の専門医に意見を求めるセカンドオピニオンを活用することで、患者にとってより良い選択肢が見つかる可能性があります。良い医師はセカンドオピニオンを積極的に取り入れ、そのための資料を準備する手間を惜しみません。

生死に直接関わる手術を行うことが多い外科医はよりシビアな目で判断されます。看護師や麻酔科医と連携して手術を行うため、チームワークがとれることが必須です。病気の治療だけでなく、患者の負担の少ない手術を優先するのも良い外界の条件です。

知識が豊富で、患者への情報提供を心掛けている医師は、医学雑誌や新聞などにも登場することが多いので、患者はこのあたりも参考にしています。また手術の内容や手術数、死亡率などは多くの患者が読んでいる医療ランキング本や病院のサイトに公開されています。

日進月歩の医療の世界で新しい情報をアップデートするため、学会に積極的に出席したり、専門医・認定医の資格を取得している医師の評価も当然ながら高くなります。

ページ先頭へ戻る