適切な医療を受けられる反面、過度の細分化で患者が迷うケースも増加

総合病院のホームページで「診療科案内」のページを見てみると、非常に多くの診療科があることがわかりますが、その表示(標榜科)は法律で定められています。

開業医の標榜数は2つまで

医科では内科、外科、小児科、皮膚科、眼科など20の診療科を単独で標榜することができます。麻酔科を標榜する場合は、診療科とは別に厚生労働省への許可申請が必要となります。

医療の高度・専門化が進んだ今日、20の標榜科だけでは提供できる医療を詳細に示すことができないため、これら20の単独標榜科に組み合わせた診療科が誕生しました。

単独診療科に組み合わせられる単語は①臓器や体の部位、②病状や病気の名前、③患者の特性、④医学的処置の4つと決められており、順に具体例を挙げてみると、①循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、血液内科、脳外科、呼吸器外科、②腫瘍内科、アレルギー内科、糖尿病内科、③小児血液内科、女性内科、老年内科、④ペインクリニック内科、整形外科、心療内科、などです。

診療科が細分化されたことで、患者は自分の病気や特性にあった診療科を受診することができるようになりましたが、一方で細分化しすぎてどこを受診すればよいかわからないといった声も聞かれるようになりました。この問題を解決するため、近年は適切な診療科を選択してくれる総合診療科を新設する病院が増えてきました。

その他、数が多くて問題となっているものに、専門医の資格が挙げられます。現行の制度は各学会が独自に審査基準を設けており、55資格が表示を認められています。早ければ2017年度には中立的な評価機関が資格基準の設定と審査を行う新体制に移行する予定です。

同時に新たな専門資格として総合診療医が加わることになっており、総合病院でさまざまな症状を訴えて来院する患者のコンシェルジュのような役割を担う医師や、在宅医療で内科・外科を問わずに診察を行う医師が資格を取得すると思われます。

ページ先頭へ戻る