配置基準と入院基本料が連動する大病院にとって看護師の確保は生命線

特定機能病院は医師や看護師の配置要件を満たす必要があるため、新卒入職時期に合わせて採用スケジュールを決定しています。病院側は給与水準が低い新卒で安定した人数を確保したい思惑がありますが、入職後数年間の研修計画にも抜かなく、戦力として最も大きい中堅クラスの人材育成も視野に入れています。

病院の規模や地域で格差が拡大

中途採用を目的として、病院のホームページに看護師募集の専用ページを新設するところも多く、常に必要人数を下回らないように努力しています。

直接雇用の看護師は常勤がほとんどです。間接雇用となる派遣看護師は夜勤専従、常勤の負担を軽減するために活用されています。医師は常勤と非常勤があり、後者は外来のみの担当が多くなっています。

医師、看護師ともに採用方法や雇用形態は多様化する傾向にあります。従来、不足した医師は大学病院の医局からの派遣で補ってきましたが、臨床研修医制度の導入移行は医局に所属する医師が減少したため、自前で医師の採用活動を余儀なくされる病院が大幅に増加しました。

病院のホームページを通じた採用活動、公募サイトによる募集、大手医療人材紹介会社の活用、臨床研修医制度の指定病院となる、直接大学を訪問して説明会を行ったりするなどの努力を行っています。

配置基準と入院基本料が繋がっている看護師は、病院の規模が大きくなるほど新卒看護師の確保が重要となります。都市部の大型病院は勤務条件や教育体制で中小の病院より優位に立ちやすいため、中小規模、あるいは地方の病院は看護師不足に陥り、病棟の閉鎖に追い込まれる事態が問題となっています。

ページ先頭へ戻る